自分に合うのはかつらと増毛どちらなのでしょう

かつらや増毛という選択

薄毛には、植毛や増毛やカツラなどの方法があります。

 

植毛

植毛は人工毛の植毛もありますが、自分自身の毛髪を移植する自毛植毛が、より安全で自然な方法です。
頭皮を毛髪ごと採取して、移植するのですが、植えてから2週間後には傷後が目立たなくなり、5ヶ月が過ぎると、うぶ毛が生えそろう程度にまでになります。
希望する部分の毛髪を増やし、毛の流れが自然であるというメリットがあります。

 

しかし、採取できる毛髪の本数には限度があり、数回の植毛を繰り返さなくては自然な仕上がりにはなりません。
また、一度に広い範囲に植毛をすることもおすすめできません。
自毛植毛は、生え際などの狭い範囲を植えるときに、適した方法かもしれません。

 

 

増毛

増毛は、薄くなった部分に残っている髪の毛に、複数(普通は6本くらい)の人工毛を結びつける方法です。
しかし、元の毛が抜ければ、増毛分もまとめてなくなるので、増毛を繰り返す必要があります。

 

 

かつら

かつらには、部分かつら、総かつらがあり、抗菌、形状記憶、透湿性など、あらゆる工夫がされていて、費用もさまざまです。
風や運動などで外れることがあり、着用したままの入浴はむずかしいようです。

 

最近では、地肌にまともにくっつけるカツラもあります。
運動するときもかつらが外れないことや洗髪も可能という良い点がありますが、基本的にくっつける部分はうぶ毛までそらなくてはならないという弱点があります。

 

 

植毛や増毛は費用もかなり高額になり1度で髪の毛が増えるわけではありません。
最近のカツラは光、熱、水、風などに耐性の強い完成度の高い商品も改良されています。
女性がイメージチェンジでカツラを愛用するように男性もファッションの一部として愛用すると良いと思います。