TPOに合わせてかつらの種類を変えてみましょう

かつらの種類

連続装着式

 

◆全面接着式
極端に薄い人工膜を土台に人工毛が植えられたカツラです。
くっつける部分のうぶ毛を剃り、特殊な接着剤やシールで頭皮にくっつけます。
ヘアスタイルは好きなように楽しめますが、通気性に欠けるかもしれません。

 

◆編み込み式
頭の周りの残っている自分の毛と特殊な3本の糸を編み込んで土台を作り、製品をしっかり糸でかがります。。
糸だけで編み込むので、地肌や自分の毛にもやさしく自然な仕上がりですが、自分で取り外すことはできません。
入浴や睡眠などは1ヶ月ほど普段通りに生活できます。
生え際や分け目も自然で風にも強く激しい運動をしても外れません。
また、「編み込み式」と呼ばれるその他のものに、金属もしくは接着剤で自分毛の一部と増毛製品をくっつけるものや、自分毛の束を増毛製品にひっかけるものがあります。

 

 

着脱式

 

◆金具式
カツラについているピンに、自分の髪の毛をはさんで留めます。
取り外して入浴や就寝できますが、激しい運動をする時は取り外したほうが良いです。

 

◆テープ式
頭皮とカツラを両面テープで留めるタイプです。
着脱も簡単で、金具が付いていないのでうすく土台も小さくのでフィット感があります。
汗をかくと剥がれやすくなるので、毎日テープを貼り替えたほうが良いです。

 

◆ホック式
ホックで5、6か所、カツラを自分の髪の毛に付けます。
シャンプーをする時などは自分で着脱することができ、かなりしっかりと取り付けることができます自分の毛にホックをつけるので、メンテナンスが必要になります。

 

実際にカツラを購入を検討している方には次のことをお薦めします。

 

  1. カツラメーカーを3社以上訪ねる。
  2. カツラの現物を見せてもらう。
  3. 実際に着用している人に会わせてもらう。
  4. 着用している人のカツラに触らせてもらい、カツラを引っ張ったり叩いたり、感触や耐性を確かめる。
  5. もちろん、試着させてもらう。

 

>>かつらを使用した方の体験談も参考にしてみてください

 

高価な買い物をする際にはごく当たり前と思える、以上のことをしてから決めてください。
その過程で、メーカーの対応や接客姿勢などもわかります。