育毛シャンプーは普通のシャンプーより頭皮や髪に優しい成分が含まれています。

育毛シャンプーの効果

薄毛対策の1つとして「育毛シャンプーを使う」という方法があります。シャンプーすることで髪の毛を育毛できるなら、と利用を考える人もいらっしゃるのではないのでしょうか?
しかし、同時に気になるのは「本当にシャンプーを利用するだけで育毛できるかどうか」ですよね。
そこでここでは育毛シャンプーの効果についてご紹介していきます。

 

育毛シャンプーはどんなもの?

育毛シャンプー

実は「育毛シャンプー」という商品は存在していません。シャンプーという商品自体、「頭皮や髪の毛を清潔にする」とか、
「髪の毛にコシやハリを与え、潤いをあたえる」などといった効果のある商品であり、育毛シャンプーもその例外ではありません。
育毛シャンプーのパッケージや公式サイトなどを見ると、「毛が生える」とは「発毛する」などといった効果はかかれていません。
要するに育毛シャンプーには育毛効果は認められていないのです。
ではなぜ、「育毛シャンプー」として発売されているのでしょうか?
一般的に販売されているシャンプーは「化粧品」として販売されています。「化粧品」という表示で販売されているものは、「肌の内側まで効果を与える事ができない」という決まりになっています。
要するに、肌の表面だけに効果を与えるものなのです。

 

ファンデーションやアイシャドウなどのメイク用品は肌の内部にまで効果を与える事はありませんよね。
一方、育毛シャンプーは「医薬部外品」として販売されています。医薬部外品とは厚生労働省が「ある一定の効果が認められる」とした成分が一定量配合されているものです。
そのため育毛シャンプーには普通のシャンプーよりも「頭皮や髪に優しい成分が含まれているもの」になります。
薄毛対策にとって「頭皮の環境をよりよいものにする」ことは必須です。育毛シャンプーにはそれがシャンプーよりも優れている商品であると言えます。

育毛剤について詳しくはこちら