薄毛になる前に原因を突き止めておきましょう

どんな理由があるのでしょう

睡眠不足や不規則

髪の毛の毛根にある毛母細胞の分裂は、午後10時頃から午前2時頃に成長します。
また、睡眠時間が足りなければ、頭皮の血流が悪くなり、髪の毛には良くありません。
このようなことから、睡眠の不足、睡眠の時間帯が変則だったりすることが薄毛に関係があると言われています。

 

ストレス

ストレスがたまってくると、抜け毛が増えたり毛が細くなったりして、髪が薄くなってしまうことがあります。
ストレスが高まると、ホルモンや免疫の働きに影響するので、ホルモン分泌の乱れから胃腸の働きが悪くなり、栄養の吸収が低下して、毛母細胞への栄養が行き渡らなくなり、髪の毛の成長に悪い影響を与えることがあります。
発毛や育毛に悪い影響を及ぼしますが、ストレスが解消されると、しだいに抜け毛は止まり、発毛が促されます。
どんなことが自分にとってストレスになりやすいかを知って、ストレスをためすぎずに適度に解消していくように心がけるのが良いかもしれません。

 

バランスの悪い食事や栄養不足

からだの細胞が増殖するには、十分なエネルギーと栄養素が必要です。
もし、それが不足すると、からだの成長が妨げられたり、臓器に障害が起こります。
それと同じく、髪にもエネルギーと栄養素を与えなくてはいけません。
つまり、食事によって体内にとり込まれるべき栄養素が不足したり、そのバランスが崩れて円滑に働かないと毛髪の成長に悪影響が出るのです。
髪にいい食べ物を摂取するようにしましょう。

 

喫煙

タバコに含まれるニコチンは、末梢の神経を収縮させ、毛根の周囲の血流を悪くするおそれがあります。
またDNAを傷つける可能性も指摘されています。
できるだけ禁煙または本数を減らした方が良いでしょう。

 

運動不足

髪の発育には血行を促進させることが必要です。
頭皮の血行が良くなるためには、全身の血行が良いことが前提なので、定期的に運動して全身の血管にくまなく血液を送ることが必要です。

 

 

睡眠、食事など生活状況の改善には、すぐにはうまく進まないと思いますので、サプリメントの使用で各種の栄養素を補給し体調を整えていくことで、頭皮を改善することができます。