医療用のかつらメーカーが増えており、髪の毛の長さやカラーも豊富になってきています。

おしゃれ用かつらと、医療用かつらの違いとは?

かつらをおしゃれ用に使う場合をまず思い浮かべますが、かつらの種類はいくつかあり、医療用のかつらというのもあります。がんで闘病中の患者さんなどが使うものです。
医療用のかつらと、おしゃれ用の一般的なものとの違いとはどのようなものでしょうか。

 

 

医療用のかつらの特徴

医療用のかつらは、がん患者が抗がん剤などを使うことで、髪の毛が抜けおち、その見た目をカバーするという目的で使われていたり、頭をけがをして、手術の為に髪の毛をそり落として髪の毛が生えそろうまでの間に使用するというものです。

 

おしゃれ用のかつらとは少し違う点は、頭部の保護や、頭部に新しい髪の毛が生えるのを邪魔しないように手編みでベースが作られており、肌に優しく、100パーセント人毛でできています。

 

医療用のかつらは、病気で髪の毛が抜け落ちてしまったという、精神的なダメージを和らげてくれる重要な役割を持っています。

 

髪の毛が治療で抜けてしまったことで、人前にだたくないと、鬱になるということもあり、うつ病は自律神経失調症のような状態で、病気の回復を遅らせてしまう可能性もあることからかつらの使用のメンタルヘルスの向上は注目をされています。

 

 

医療用かつらは、子供用もある

子どもでも、病気で髪の毛が抜け落ちることはあります。
大人よりも、精神的なショックは病気自体にも影響し、子供用のものも医療用では作られています。

 

出来ればオーダーメイドで、良くフットしたもので子供は良く動き回るので全頭タイプのかつらが適しています。

 

子供は成長が早いので、頭のサイズもすぐに大きくなりますので、成長に合わせてかつらも変える必要があります。

 

 

残念ながら保険がきかない

今のところ医療用と言っても、かつらには、保険が対応していません。
でも、医療の現場では、かつらの使用が患者の精神的なケアに重要な役割を持ってるということが認められており、がん患者も増えている傾向にあることから需要もふえてきています。
かつらメーカーも、、医療用のかつらを作るメーカーも増えてきています。

 

一般的に医療用のかつらは高価なものという印象がありますが、医療用のかつらのメーカーも増えており、髪の毛の長さや、カラーも豊富になってきています。

 

今後、需要が増えていることからの競争なども見込まれますので、価格も安くなる可能性も考えられます。