かつらの需要が多いのは、手軽につけることができ、安心安全であるからと言えるようです。

薄毛対策にかつらを使うメリットは?

薄毛対策に最近では、いろいろな商品が出てきており、植毛や、ヘアコンタクト、増毛スプレーなども見られますが、やはりかつらの需要の方が多くあるのには、理由があります。

 

 

かつらと植毛

かつらは、一生使えるものだと思いますが、毎日使うとなると2~3年くらいで、買い替えなければいけません。

 

植毛してしまえばいいのではないかと思いますが、手術をしなければいけないということで、かつらのように手軽にできるものではありません。

 

また手術がうまくいくかどうかの結果も6か月以上待たなければいけないということや
失敗した場合も多くあり、頭皮にダメージがあり、火傷の後のケロイドのような状態になって一生のこります。
意外と手術後のケアが大変なうえ、しばらくの間は薄いままで、成功する確率が100パーセントではありません。

>>かつらVS増毛

 

 

ヘアコンタクトとは

かつらに代わる新しいものにヘアコンタクトというものがあり、まるで髪の毛が生えたようになるというものがあります。
薄い頭皮の様なものに、髪の毛がついており、接着剤でつけるというものです。
一度つけたらそのまま普通に髪の毛を洗うことも可能です。

 

問題なのはその寿命の短さで、直接つけるものは約2週間、取り外し可能なもので1か月しか持ちません。
かつらにも寿命がありますが、2年は最低持ちます。
ヘアコンタクトなら、月に2回はお金がかかるということになります。
その都度に約10万円は支払うということになるようです。

 

 

増毛スプレー

増毛スプレーとは、まつ毛のマスカラのように髪の毛に直接スプレーすることによって、髪の毛にそのスプレーしたものがつき、コーティングされることで、細い髪の毛が太くなり、髪の毛のかさが増えるというものです。
薄毛を目立たなくするという効果があります。

 

手軽に使えるというものですが頭皮にどうしてもダメージを与えてしまいます。
シャンプーで洗い流すことができますが、ということは、シャンプーごとに使用しなければいけないということです。
価格はいろいろあるようですが、安いもので1000円くらいからと言ったところです。

 

一時的な薄毛で、育毛している問短期的な使用には良いかもしれません。
薄毛の場合には使えますが、毛がない所には使用できません。

 

やはり新しい製品にはいろいろと問題がある様です。
かつらと比べてみると、やはりかつらの方が安心安全と言えるようです。