薄毛や抜け毛は、女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因です 。

女性ホルモンと薄毛の関係

薄毛に悩む女性はホルモンのバランスが崩れていることが多くみられます。
かつては加齢による乱れから、薄毛に悩む人がほとんどでしたが、若い女性でも薄毛の悩みは増えつつあります。

 

 

女性ホルモンと薄毛の関係

女性ホルモンは女性でも男性でも分泌されるモノです。
男女で分泌される比率が違い男性は男性ホルモンが多いことからひげや胸毛など体毛が濃くなります。
女性ホルモンは髪の毛に関係があり、男性に薄毛が多いのはこの比率が少ないという理由があります。

 

女性でも、更年期に差し掛かるころから、ホルモンのバランスが崩れ始め、ホルモン分泌が減ってきます。女性でも、薄毛、抜け毛に悩むのはこの年齢がほとんどです。

 

近年は無理なダイエットをして、栄養失調を起こしたことが原因でホルモンのバランスが崩れ、生理不順や薄毛に悩む女性も増えてきています。

 

 

ホルモン分泌を促し育毛をする

女性ホルモンの分泌を増やすことが育毛につながりますが、どのようにすれば分泌が正常になるのでしょうか?

 

食生活の見直しと、生活習慣の見直しをして、まず血行促進をする必要があります。

 

食生活では同様の効果を得る働きをする、イソフラボンを含む大豆製品を食べるようにし、血行促進効果のある、ビタミンEを含む食品や、ショウガ、ニンニクの様な血行促進効果のあるものを調理のアクセントに使うようにします。

 

若い女性の薄毛の原因は、ダイエットによる栄養失調ですので食事は、バランスよく摂ることを、心がけます。

 

まず体が冷えていることが、血行不良を起こす第一の原因です。

体を冷やさないように半身浴をするなど気を付け適度な運動をして、血行促進をすると良いでしょう。体の冷えは自律神経の働きを狂わせることもありホルモンの分泌にも影響を与えますので、体が冷えないようにすることは大切です。

 

血行不良が起こると頭皮に、育毛に必要な栄養分が到達しないということも起こります。
こういった理由から、育毛剤の様な飲み薬や、直接頭皮につけるものにも必ず血行促進の効果のあるものが使われています。

 

ストレスなども抜け毛の原因となっていますので、ストレスの解消を行いストレスに強くなる、ビタミンCの摂取に気を付けるようにしましょう。

 

>>髪にいい食べ物