育毛剤は厚生労働省が効能や効果が有効と認めた成分を含んでいます。

育毛剤の効果

薄毛に悩む男性

髪が薄くなったな・・・」と思ったとき、誰しも「薄毛対策」を行おうとしますよね。

そんなときに手軽に始められる薄毛対策と言えば「育毛剤」を使うことではないでしょうか?

 

インターネットで検索してみると、「効果があった」という書き込みと「効果が無かった」という書き込みの両方があり、本当のところ育毛剤は効果があるのか気になるところですよね。
そこでここでは育毛剤は薄毛対策に効果があるのかご紹介していきます。

 

そもそも育毛剤とは

市販されている育毛剤は「医薬部外品」として販売されています。
医薬部外品とは、効能や効果が有効であると厚生労働省が認めている成分が一定量入っているものを指します。
医薬品ではない為、副作用が少なく、ドラッグストアやインターネットなどで簡単に入手する事ができます。

 

育毛剤は「新しい髪の毛が生えるのを促進する」効果があるものなので、「新しい髪の毛を生やす」ものではありません。
ちなみに、発毛剤は「医薬品」であり、「新しい髪の毛を生やす事が出来る」効果があります。しかし、副作用の危険性もあり、
必ずそれについての副作用が記載されています。また、購入する為には薬剤師の説明を受けた上でドラッグストアで購入するか、
発毛専門の病院などで処方してもらった上で購入するかのどちらかになります。

 

 

育毛剤は効果があるの?

薄毛の原因はひとつではありません。「ホルモンバランスが乱れた事によるもの」「血行不良」「栄養不足」などさまざまな理由があります。
そのため、自分がなぜ薄毛になってしまったのかその原因をしっかり把握し、その原因にあったものを選ばなければきちんとした効果を得る事が出来ません。
また、食生活や頭皮環境が悪いままだと効果が発揮される事がありません。
育毛剤は継続して使うことで初めて効果を発揮するものなので、少なくとも6ヶ月ほど使い続けることで様子をみることも大切です。